40代 結婚できない

結婚に近付く男になるために知っておくべきこと!

近年国が行った調査で、独身で恋人がいない男女の割合が半数を超えることが判明しました。晩婚化や生涯未婚率の増加により、結婚をしない男女が次第に珍しくないようになってきています。

 

今回はそんな結婚をしない人ではなく”結婚ができない””働き盛りの40代男性”に絞って調べてみたところ、結婚ができない共通する原因を見つけました。このページを読んでいる特に40代男性には、これを参考にぐっと結婚に近付く男性になっていただきたいです。

 

 

40代男性の結婚できない11の原因

 

1.出会いの無さ

出会いが無ければ恋人は見つかりませんので、これはとても大きいと考えられます。

 

社会人ともなれば、職場での出会いが最も自然であり一番の出会いの場となるでしょう。しかし経済通産省のある報告書を見ると、職場で出会う確率が20代男性と比較して3分の1になってしまうことが分かります。

 

もちろん40代にもなれば職場での立場上、諦めざるを得なかった恋愛もあるでしょう。それは40代男性を想う相手側の女性にも同じことが言えます。

 

なので、この出会える確率の低さはかなり深刻な原因だと言えそうです。

 

2.出会いを求めることが下手

先ほどの項目から、出会いの場はかなり重要だと言えます。結婚できない40代男性は、この出会いの場選びに失敗していることがあります。

 

例えば職場で出会いが無いと嘆いている人の多くには、その場所でしか出会いを求めようとしていないことが結婚できない原因だと考えられます。長期間変化が全く無いのに、同じ場所で、同じやり方で待っているだけの人が多いのです。俗に言う”草食系男子”など受け身でいる人にも当てはまるでしょう。

 

長くても1年変化が無ければ、現在の自分の婚活を見直すべきです。

 

同じ40代男性でも婚活に成功している男性は、早め早めに行動を起こします。婚活サイトや結婚相談所などは2ヶ月前後で手応えを感じなければ違う方法に変えている人が多いのです

 

さらに婚活に失敗する人は女性との出会いを単純に”婚活”のイメージで選択することがあります。

 

ただ結婚相談所に登録すれば良いだろうとは思っていませんか?
そこの料金や利用システム、成功率の高さなどをよく知らないで登録してしまう人が多いから、経済通産省が調べた成婚率は10%に満たない結果になっているのかもしれませんね。

 

婚活に成功している男性は、自分の長所が活かせる場所を選んでいる為、何かしらの収穫を短期間で得ていることが多いです。

 

年齢や職場での立場などマイナスポイントがあったとしても、女性を楽しませる話術のある人が婚活パーティに参加すれば成功しやすいと言えます。
婚活パーティなどでは自分の長所が活かせるだけでなく、参加する男性の多くが受け身の姿勢なことが多いので、より自分を効果的にアピールできるのです。

 

では、婚活に成功している男性が感じる手応えとは具代的にどういったことか挙げてみましょう。

 

  • 婚活サイトなどインターネット上で出会いを求めた場合、女性に送ったメールの返信率が10%を超えていること
  • 一般的な規模の婚活パーティに参加した場合、1人以上と連絡先を交換していること
  • 結婚相談所を利用した場合、自分からと相手からの申し込みを合わせて1月に4件以上のお見合いが成立すること

 

婚活で成功している40代男性は、長期間上記のことをクリアしていなければ必ず婚活手段を変更しています。しかも、早い段階で見切りをつけることが出来ているのです。

 

ただこれは最低基準であって、”婚活サイトなどでの返信率30%以上、婚活パーティで3人以上の連絡先交換、結婚相談所利用で6件以上のお見合いが成功”が理想的です。

 

3.出会いの場所を限定する

婚活に失敗する男性は、長期間変化が無くても同じ場所でしか行動しません。その為、複数の場所や新しい場所を出会いの場所に選ばない傾向があります。

 

婚活に成功している男性は、婚活サイトを2つ以上利用していたり、女性の多いサークルなどの輪の中へ積極的に入って行こうとします。出会いの場を多くすることはそのまま出会える数や確率が上がるので有利です。

 

婚活サイトや婚活パーティなどでそれぞれタイプが違うものを利用すれば、季節に左右されにくく、出会えないリスクも減らすことができます。
東京大学の研究所が調査した結果でも、婚活を行う場を3つ以上持つ人は、限定した1つの場で婚活を行う人よりも成功率が2倍になることが分かっています。

 

4.だらしがなく不潔

40代ともなれば誰しも外見に衰えが見えるでしょう。白髪やフケ、加齢臭などは老化現象なので仕方がないものです。しかしそれが不潔な印象を与えてしまいます。
外見に不潔なイメージがあれば、自宅や身の回りのことにもだらしないんだろうなという風に捉えられてしまいます。

 

老化に伴うもので、自分で対策出来ることは実践した方が良いでしょう。
40代以上であっても、清潔感のある男性であれば恋愛対象だという若い女性は結構多いんですよ。

 

ヨレヨレのシャツをピシッとしたシャツに替える、生えっぱなしのヒゲを整える、それだけで相手に与える印象をガラリと変えられます。

 

5.自分の見た目を気にしない

最近はメンズサイズの大きめの服を女性が着るオシャレも流行っていますが、ジャストサイズの服を着てしなやかな体のラインを見せる方が女性は綺麗に見えます。これは男性にも同じことが言え、それは年齢を問いません。

 

しかしあまり他人からの目を気にしない人は「楽だから」という理由でだぼっとした服を選ぶことがあります。オシャレだと思わせればいいですが、40歳を超えた人がそういった服を着ていると、実年齢相応に見られてしまいます。いわゆる「おじさん(おばさん)臭い」ってやつですね。
ジェントルマンなおじさまは、しゅっとしたジャストサイズの服を選んでいるように思いませんか?

 

体に合っていない服を着ているとそれだけでだらしないと思われますし、身だしなみに気を遣っていないと思われてもおかしくないですよ。

 

6.心が狭い

女性は男性に包容力を求めます。自分の悩みや弱い部分をしっかりと受け止めてくれる心の大きい男性が、女性からモテるといえます。

 

逆に、女性が相談してくれてるのに自分の物差しを基準に会話をする男性は、全くと言ってモテません。心の狭さを晒しているだけです。

 

40歳を超えて心が狭いなんて、恋人はおろか上司や友人であっても嫌なものです。

 

7.偉ぶった態度

男性は女性の前で「自分はこんなにも優れている」ということをアピールしたがります。昔の武勇伝を話したり、「自分は上位管理職である」と力があることを誇示したり…。
しかしその自慢話や偉ぶった態度に、女性はうんざりしています。

 

40代にもなると部下も多くなるでしょうから、上司ぶった偉そうな物言いは控えた方が良いでしょう。

 

8.相手を窺うような態度

例えば、40代の男性が若い女性から食事に誘われたとします。そんな時に「あなたは若くて美人なんだから、僕みたいなおじさんより若い男性の方が良いんでは?」などといった発言をする人もいるでしょう。
もちろん間違った考えではないでしょうが、言われた女性は相手を窺うような態度にげんなりしているそうです。

 

下手から相手を窺うような態度では、男らしさに欠けているように思わせてしまいます。

 

9.女性の扱いが不慣れ

デートできっちりとワリカンしたりして女性をがっかりさせる男性の中には、女性の扱いに慣れていない男性も含まれます。それはある調査結果でも分かるのですが、その調査では40代の独身男性のおよそ15%が今までに恋人が出来たことが無いというのです。

 

女性の扱いに不慣れでは、デート場所や女性を喜ばせる方法なんて分からないでしょうし、反対に怒らせたりがっかりさせてしまうばかりかもしれません。ただでさえ難しい女心なんて分かるはずもありません。

 

年齢を重ねるほど周りからは様々な経験を積んできたはずと思われています。恋愛においても同じです。せっかく女性を誘えてもぎこちない会話や、女性をがっかりさせる言動をしていては結婚は遠いでしょう。

 

10.自分の自由を優先している

40代にもなれば、結婚して子供のいる友人も多くいることでしょうし、自分の両親に孫の顔を見せてやりたいと思うこともあるでしょう。そんな時、「結婚したい」とか「子供がほしい」と思いますよね。

 

しかし、いくつになっても独身のままでいる人の中には自分の自由を他人に奪われたくないと思っている人が少なくありません。

 

最近では独身の芸能人が集まったトーク番組もよく目にします。その中でも「自分以外の人と生活する自信がない」、「自分の生活リズムを邪魔されたくない」、「子供が出来たら子供中心の生活になるのが嫌」など、現時点での一人での生活環境を誰かによって乱されるのは嫌だと感じているようです。
口では「結婚したい」と言っていても、長い時間自分一人で何でもこなし、自分で作った生活しやすい環境を誰かが介入することで乱されたりするのに抵抗がある人が多いようです。

 

さらにこういった人は高い理想があるので女性を選んでいることが多々あります。結局は結婚したくないと思っているので何かと理由を付けて結婚を先延ばしにしようとします。
モテるのに結婚しない男性にはよくある原因です。

 

11.自分が思う”自分”と周りが思う”自分”が違う

せっかく婚活を始めたのになかなかうまくいかないのは、”自分”のことをちゃんと理解できていない可能性があります。「自分はこういう人間だ」と思っていることが周りが思っているあなたと違っている場合です。

 

40代にもなれば周りから指摘されることが無くなってしまい、実際に周りにどう思われているか知る術が無いのです。だから機会があって自分のイメージを聞いたときに驚く人がほとんどだそうです。

 

周りから見た自分をちゃんと分かっていれば、女性相手にも自分を効果的に魅せることが出来るでしょう。

 

 

まとめ

40代で結婚できない男性はただチャンスを逃しているだけではないことが分かっていただけたでしょうか。「自分はもう歳だから」、「出会いが無くて」だなんて実は理由にならないこともありますよ。

 

自分の言動や考えなどを改めたら女性からモテだした人だっていますし、結婚するのに遅いことはありません。

 

ここまで読んでいただいたことが、普段の自分のことをしっかりと見つめ直すきっかけになればと思います。