40代男 婚活

「独身貴族」の現実

「独身貴族」という言葉は、ドラマなどにも使用されたりで一度は耳にした人も多いのではないでしょうか。独身なことでお金や時間を自由に使えて羨ましいという意味もありますが、揶揄する場合でも用いられます。
近年では、40歳を超えた独身男性が20代の若い女性と熱愛中といった芸能人同士のスキャンダルも多いことから、40代男性はモテると思っている人も少なくないのかもしれません。

 

しかし、全ての40代男性がモテているわけではありません。むしろ結婚したいと思っているのに発展せず、独身貴族に分類されてしまっている場合が多いのです。

 

では、40歳を過ぎた独身男性は、世の女性からどう見えているのでしょう。

 

自分の周りの40歳を過ぎた独身の男性を思い浮かべてください。身だしなみもきちんとしていて、仕事もでき、休日は付き合いや趣味に興じたりと、とても充実した生活を送っていませんか?

 

その人と仲良くなって色々な話をすればする程、「どうして結婚していないんだろう」と思ってしまいます。彼女もおらず、一度も結婚したことがないとなれば「何かあるのでは…?」と思うのはきっと女性だけではないはずです。

 

あるアンケート調査で、40歳を過ぎた独身男性を対象にどうして現在独身なのかと自問自答してもらいました。

 

その中でも多かった3つの回答がこちらです。

  • いつかするだろうと当然のように考えていた為、結婚に特別な意識をしたことがない
  • 今の一人の生活が乱されると感じて踏み切れない
  • 理想や女性に求めるもののハードルが高い

 

女性は男性とお付き合いをしている中で「この人と結婚したら」なんて考えることはわりと多いです。しかし男性の場合は、そういった機会が少なく、何かしらのきっかけが無いと結婚に踏み切らないことが多いようです。その為、子供が出来て逃げ場が無くなってしまったから結婚した、ということも。

 

そういったタイミングも無く40歳を超えた男性は、その年齢になって「結婚したい」と思い始めるようです。

 

40代男性の婚活での現実

 

仕事や趣味をして過ごしてきた、40代男性はどういった婚活を行っているのでしょうか。

 

調べてみると、婚活パーティなどに参加している人が多いようですね。婚活パーティも様々なコースが設けられていて、年齢別や趣味別など自分に合った内容のものを選べますし、うまくいけば少し年下の女性や、同じ趣味の女性と出会えますし、一緒に体験することで楽しみながら婚活ができることは魅力的ですね。

 

しかし上手くいくばかりではないので、一人で会場を後にした…なんてことを書いているブログはたくさんあります。恋人未満でも仲良くなれた女性がいるだけでもかなりの収穫と言えそうです。

 

婚活パーティでも手応えを掴めなかったという40代男性が次に利用するのが結婚相談所です。
より真剣に結婚を考えている男女が登録しているイメージもありますが、年齢的な焦りからか真剣さからか、なんとなくで次のデートの約束…なんてことも無いようです。もちろん結婚して一緒に住むことを視野に入れているわけですから、「この人とはだめだ」と思ったら白黒つけることが多いみたいですね。

 

婚活をただ行っているだけの男性ばかりではありません。
ジムに通ったり、ボランティア活動を行ったり、自分磨きをしながら婚活を行っている40代男性も多くいます。女性から魅力的だと思わせることも、結婚への近道と言えるでしょう。
容姿や中身を磨くことは実はかなり重要です。女性を惹きつけることのできる男性は、同性からも頼りにされたりと、何かと人が集まってきます。

 

今一度、自分を客観的に見て、何をどう改善させなければいけないのか、きちんと見つめ直す必要があるかもしれませんよ。